ホーム > 翻訳サービス > 機密保持について

機密保持について

翻訳はお客様の大切な情報をお預かりする仕事です。トランスワードでは機密保持を最も重要な業務義務のひとつととらえ、社内外のすべてのスタッフに機密保持誓約書の提出を義務付けるなど、万全の仕組み作りと教育に取り組んでいます。(以下は社内スタッフ用の機密保持誓約書の例です。)

業務遂行に係る機密保持規定 (社内スタッフ用)

トランスワードのすべての社内スタッフは業務遂行にあたり、下記ルールを
遵守しなくてはならない。


1.
発注者(客先)様より預かった業務上または個人的な機密を外部に
漏らしてはならない。ここでの機密とは以下の内容を含む。
  1. 発注者名(どこから仕事を受注したかということ)
  2. 紙、電子情報、Eメール・電話などで提供された全ての情報。
    また翻訳を実行するための周辺情報。
2.
トランスワードの業務に係わる機密を外部に漏らしてはならない。
  1. 営業に関する情報(客先名、受注内容、売上高、コスト、収益を含む)
  2. 業務遂行上のノウハウ(業務処理手順、担当者、翻訳ルールを含む)
3.
以上の機密を守るため、次のルールを守らなくてはならない。
  1. 機密内容を含む紙、パソコンデータ等の情報は社外に持ち出さない。
    万一、社外で業務を行う必要が生じ、これらの情報を社外に持ち出す
    場合、機密の内容、持ち出す理由、返却予定を書面で申請し、責任者
    の許可を得る。
    社外での作業中は機密が第三者に渡らないための最善の手段を講じる。
    また返却時にはその旨を書面で報告する。
    機密は決して社外に持ち出したままにしない。
  2. 業務遂行上知りえた機密は第三者(家族を含む)に口外しない。
  3. 業務が終了したら全ての関連情報は発注者に返却するか、
    またはデータの消去 あるいはシュレッダーにより廃棄する。
    但し将来のリピート受注に備えるため、
    社内規定に沿ってバックアップ情報を保存する場合はこの限りではない。

誓約書:(株)トランスワード 代表取締役 仲谷幸嗣 殿

私は以上の機密保持規定を理解し、遵守することを誓約いたします。
また私が退職後も以上の機密を守ることを誓います。

氏名: 日付
ISO17100(翻訳サービス提供者認証)取得
株式会社 トランスワード
<広島事務所> 〒732-0828 広島市南区京橋町9-3 クリスタ京橋ビル4階
Tel: (082) 506-3233 Fax: (082) 506-3234

Copyrights c 1999- 2016 Transword Inc